samedi 18 juillet 2020

Riko Prayitno, Mocca Interview


Mocca is a pop band from Indonesia, consists of  Arina Ephipania Simangunsong, Riko Prayitno, Achmad Pratama and Indra Massad. Their first album "My Diary (2002)" was sold over 100.000 copies. A female vocalist Arina was married with Japanese musician Hiroaki Kato in 2019 and they will release the sixth new album “Day By Day" in summer 2020. Let's talk about Mocca with Riko (guitarist) !!


Moccaは、Arina Ephipania Simangunsong, Riko Prayitno, Achmad Pratama, Indra Massadから成るインドネシアのポップ・バンド。 彼らのファースト・アルバム "My Diary (2002)" は10万枚以上も売れたそうです。女性ボーカリストのArinaは2019年に日本のミュージシャンHiroaki Katoと結婚。そして待望の六作目ニュー・アルバム“Day By Day" は2020年の夏にリリース予定です。ギタリストのRikoに語ってもらいましょう!


1. Anorak Crumble : How did you all meet ? Why and when did you decide to form Mocca ?

どのようにしてMoccaを結成したのですか?いつ / 何故このバンドをやろうと決めたのですか?

All of mocca members studied design at ITENAS Bandung-Indonesia, so we were collage buddies. We had same perspective, passion and goals toward making music, so we decided to form a band back in 1999.

Moccaの全メンバーはITENAS Bandung-Indonesiaで学んでいました。なので、大学の仲間だったんだ。音楽を作るのに同じ嗜好と情熱と目標があった。なので1999年にバンドを結成することに決めたんだ。


2. Anorak Crumble : Mocca released three albums “My Diary” (2003)", “Friends” (2004), "Colours (2007)" on FFWD Records, and two albums "Home (2014)" and "Lima (2018)" on Lucky Me Records. Please tell us about them ? Why did you sign to FFWD Records ? Why did you found Lucky Me Records ?

MoccaはFFWD Recordsから “My Diary” (2003)",  “Friends” (2004), "Colours (2007)"三枚目のアルバムを~Lucky Me Recordsから "Home (2014)",  "Lima (2018)" 二枚のアルバムをリリースしましたね。これらについて教えて下さい。何故  FFWD Recordsと契約したのですか?何故みずからのレーベルLucky Me Recordsを設立したのですか?


My diary (actually released December 15th 2002) was written sequentially like reading (in this case listening) to a diary.

It sold over 100.000 copies.

It was way beyond our expectations. One of the song in the album called ‘Me and My boyfriend’ won MTV Indonesia award as a best video of year 2003.

"My Diary"は(2002年の12月15日にリリース)、日記を読む(この場合は"聴く")みたいな感じで作られました。10万枚以上も売れたんだよ。それは私達の予想を遥かに越えていました。アルバムの中の曲‘Me and My boyfriend’は、MTVインドネシア・アワード で2003年のベスト・ビデオ・オブ・イヤーとなりました。


Friends (2004) was our second album, and we explore a lot on adding more instruments like strings and richer brass sections.


This album featured one of Indonesian legendary singer mr. Bob Tutupoli in ‘Swing it, Bob’ song and ms. Karolina Komstedt from Club 8 in ‘I would never’.




People expect us to make a same vibe as plain and simple as the previous album, so it did not sell as much as ‘My dairy’ but we discover people who really listens and appreciate our music.

"Friends" (2004)はセカンド・アルバムで、ストリングスやより豊富なブラス・セクションのような楽器を沢山付け加え探求したんだよ。このアルバムには、インドネシアの伝説のシンガーBob Tutupoliをフィーチャーした曲‘Swing it, Bob’や、Club 8のKarolina Komstedtが‘I would never’で参加している。人々は前の様なプレインでシンプルなものを作るのだろうと期待していたのだろう。‘My dairy’ みたいに売れなかったけど、僕達の音楽を認めてくれて本当に聴いてくれるファンに出会えたんだよ。


In Colours (2007) we challenge ourselves to make a semi live recording, so in some of the songs, guitar, drum and bass were recorded together while vocals were taken separately. There were some hits from this album like ‘The best thing’ which used in commercials in South Korea.

We covered two songs: ‘Sing’ from the carpenters, ‘Hyperballad’ song by bjork and lots of people enjoyed this version.


We also invited Pelle Carlberg from Edson to sing a duet in ‘Let me go’ song.

Through this album we encountered so many loyal fans that keep supporting us till this day.


"Colours (2007)"では、セミ・ライブ・レコーディングにチャレンジしたんだ。なので曲の幾つかは、ボーカルを別で録っている間に、ギターとドラムとベースを一緒に録音した。アルバムには、韓国でコマーシャルに使われたヒット曲‘The best thing’も収録されていし、The Carpentersの‘Sing’やBjorkの‘Hyperballad’のカバー曲も…多くの人々がこのバージョンを楽しんでくれた。また、EdsonのPelle Carlbergを迎えて‘Let me go’ でデュエットしている。このアルバムで沢山の熱心なファンに会いました、今日までサポートし続けてくれています。

(By the way we released an EP in 2005 called music inspired a movie ‘Untuk Rena’ that featured ‘Happy’ song and a mini album in 2010 known as Dear friends.)


(そして、映画‘Untuk Rena’の為に2005年にEPをリリース…‘Happy’ って曲が収録されていました。それとミニ・アルバム"Dear Friends"を2010年にリリースしました。)

In 2011 mocca went for a long break since our vocalist Arina resides outside Indonesia.


2011年、ボーカルのArinaがインドネシア国外に居住してからは、Moccaは長い休息に入った。

So, for a couple of years we were not sure if we could still go on or not.

なので、何年かの間、僕達は続けるか否か、定かでは無かったんだ。

Then ‘Home’ was our turning point. This album was recorded in two countries (Indonesia & USA) in three cities (Jakarta, Bandung, Long beach, CA).

To get this album done was a miracle. ‘Changing fate’ was the first single from this album that shows different side of mocca music.

Three words for this album: Blood, sweat and tears.


その後の‘Home’は、僕達のターニング・ポイントとなった。このアルバムは、インドネシアとアメリカ二国の、ジャカルタ~バンドゥン~カリフォルニアのロングビーチといった三つの街で、レコーディングされた。このアルバムを完成させるのは奇跡だった。アルバムからのファースト・シングル‘Changing fate’はMoccaの音楽の違った側面が表れていた。このアルバムを表すの三つの言葉は、ブラッド、スウエット、ティアーズ…。

Lima means five in Indonesian language. We simply named it Lima because it’s 5th album. After 19 years, that was the first time for us to write a full album in Indonesian. ‘Teman sejati’ (means: True Friend) was the single and we had younger Indonesian generations as new listeners. Mocca’s SF (fan club) was also involved in the video making.

The second single ‘Ketika semua telah berakhir’ (means: when everything comes to an end) featured Gardika Gigih a talented musician for Yogyakarta. This also became a hit among sad girl-sad boy club, haha! It draw about 3000 comments on the video (on youtube) where people shared their personal story after listening to this song.


"Lima"っていう言葉は、インドネシア語で五つの意味があるんだ。"Lima"は五枚目のアルバムだったからこう名付けた。19年後に初めて、インドネシア語のフル・アルバムを作ったんだよ。‘Teman sejati’ (True Friend本当の友達、という意味)はシングルで、若い新しい世代のリスナー~ファンが出来たんだよ。MoccaのSF(ファン・クラブ)はビデオ制作に参加してくれた。

During that time we believed that FFWD is the perfect label for us. Music wise and goal wise. They also have relations to many great indie label records and we dreamt that someday they will open doors for us to distribute our music to other parts of the world (which came true).

FFWDはパーフェクトなレーベルだと思っていた、音楽や目標に賢明で。彼らはまた、沢山のインディ・レーベルと関わりがあった。彼らが、いつか他の国々で僕達の音楽をディストリビュートしてくれる道を開いてくれるだろうと夢見ていた(実現した)。


Lucky me records is our self owned label, we realized at one point a band/musicians must hold their own rights to master recording they made.

Lucky Me Recordsは僕達自身のレーベル。バンド / ミュージシャンは、自らが作ったマスター・レコーディングの権利を自分達で保持しなければならないと気が付いた。


3. Anorak Crumble : The new album will be out on your own label Lucky Me Records in this summer 2020. Please tell us about it...about songs, recordings, concepts etc. etc.

ニュー・アルバムは、2020年の夏貴方達のレーベルLucky Me Recordsからリリース予定ですね。これについて教えて下さい。

This album consist of seven songs that begins with an intro and ends by an outro.

このアルバムは七曲から成り、イントロで始まりアウトロで終わる。

We started producing this album in the beginning of 2020, our plan was to make an E.P (mini album).

このアルバムを2020年の始めにプロデュースし始めた。EP (ミニ・アルバム)を作る予定だった。

In February 14th 2020 we released “Simple I love You” song as an introduction for this E.P.

2020年の二月に“Simple I love You”という曲をリリースした、このEPのイントロダクションとして。


Alas.. in March everything changed when corona virus hits Indonesia.

ああ…三月に全てが変わってしまった。コロナがインドネシアを襲って。

We were bound to stay and to work from home. We held band meetings via zoom and decided that we will go forward creating music and change our plan from E.P to a full album instead.

家で仕事しステイしていた。zooを通してバンドのミーティングをした。音楽をクリエイトしようと決めて、EPの予定をフル・アルバムに変更した。

About half of the recordings were made from our own homes, so we go through crash courses on how to do everything by ourselves on making a proper high quality tracks that does not sound like a demo tape.

レコーディングの半分は僕達の家で行った。なので、デモ・テープみたいな音にならないように、適切なハイ・クオリティのトラックを自分達で全て作る方法が判り、危機を克服した。

We experimented a lot and unfold many surprises, and there will be many talented fellow musicians featured in this album.


僕達は沢山の繰り広げられるサプライズを経験した。このアルバムには沢山の才能溢れたミュージシャンがファーチャーされるでしょう。

We also work together with one of the finest rock star from Indonesia, Rekti from the S.I.G.I.T band.

また、素晴らしいインドネシアのロック・スターの一人S.I.G.I.TのRektiとも一緒に作っている。

So far our plan is to release this 6th Album in CD format with a special packaging.

今のところ僕達のプランは、この六枚目のアルバムを、CDフォーマットのスペシャル・パッキングでリリースする予定です、

By the way this album is called “Day By Day”.

アルバムは “Day By Day”っていうんだ。

4. Anorak Crumble : When did you start to listen to pop music ?

いつ頃から音楽を聴き始めましたか?

Among four of us, Riko (guitar) is the only person who really listens to pop music. He started to listen to it around the late 90s during college years.

僕達四人の中で、ギターの僕だけが唯一、入れ込んでポップ・ミュージックを聴いている、学生時代の90年代の終わりから。


5. Anorak Crumble : What band/artists are you influenced by ?

どのようなバンド  / アーティストに影響を受けていますか?

Frank Sinatra, the beatles, weezer, the cardigans, astrud gilberto, sondre lerche

フランク・シナトラ、ザ・ビートルズ、ウイーザー、ザ・カーディガンズ、アストラッド・ジルベルト、ソンドレ・ラルケ…


6. Anorak Crumble : What bands/artists do you listen to at the moment ?

現在は、どのようなバンド / アーティストを聴いていますか?

Latest Album form Hone and Sondre Lerche.

ホーンとソンドレ・ラルケの最新アルバムだよ。

7. Anorak Crumble : How is your life in Bandung Indonesia ? Are there any good record labels, clubs, etc ?

インドネシアでの生活はどんな感じですか?良いレーベルやクラブはありますか?

This time the four of us (main mocca members) reside in Indonesia capital city  Jakarta, but our management team and technicians stayed in Bandung.

We are still coping and adapting to this new normal situation.

In Bandung there are some growing music labels but the trend is shifting. People leans towards digital distributions that change how to approach things including promotions, etc.

僕達四人(Moccaのメイン・メンバー)は
インドネシアの首都ジャカルタに住んでいる。だけど僕達のマネージメント・チームや技術士はバンドゥンに居るよ。ノーマルな状況だけど対処し適応しているよ。


8. Anorak Crumble : Any future plans with Mocca ?

Moccaの今後の予定を教えて下さい。

Keep making great music.

素晴らしい音楽を作り続けること。

9. Anorak Crumble : Please have a message for fans of Mocca !

Moccaのファンへメッセージをお願いします。

Hi! We really want to connect with everyone around the world! Please give us a warm hi and stop by at our social media, website: www.mymocca.com, instragram & twitter: @moccaofficial.

During this uncertain time hope all of you could find comfort and positivity through mocca music, thank you so much for your support and appreciation. “Don’t you give up, keep your chin up and be happy!”


ハイ!僕達は本当に世界中の皆とコネクトしたい!暖かいHiを下さい、そして、僕達のソーシャル・メディアへに立ち寄ってください :
website: www.mymocca.com
instragram & twitter: @moccaofficial
不確実な時だけど、Moccaの音楽を通して、快適さとポジティビティを見つけて欲しいです。サポートと感謝をどうもありがとう。. “Don’t you give up, keep your chin up and be happy! 諦めないで、顎を上げて、幸せになりましょう!” (Mocca"Happy"の歌詞)


Aucun commentaire:

Publier un commentaire