mercredi 18 novembre 2020

Magnus Karlsson, Happydeadmen - The Charade - The Britannicas - Small Imperfections Interview


Anorak Crumble : Firstly please tell us about your bands : Happydeadmen, The Charade and The Britannicas.

まず最初に、あなたのバンド : Happydeadmen, The Charade, The Britannicasについて教えて下さい。

■You released three albums "Eleven Pop Songs (Ceilidh Productions / 1990)", "Game, Set, Match (Ceilidh Productions / 1993)" and "After the Siesta (Torpedo Records / 1998)" as Happydeadmen. Are there any good memories or unique episodes during recording them ?

あなたはHappydeadmenとして三枚のアルバム"Eleven Pop Songs (Ceilidh Productions / 1990)", "Game, Set, Match (Ceilidh Productions / 1993)", "After the Siesta (Torpedo Records / 1998)"をリリースしましたね。レコーディング間での良い思い出やユニークなエピソードはありますか?



■Then you formed The Charade with Ingela & Mikael Matsson and released three albums "The Best Is Yet To Come (2005)", "A Real Life Drama (2006)" and "Keeping Up Appearances (2008)" on Skipping Stone Records. Who are Ingera and Mikael Matsson ? Why did you sign to American label Skipping Stones Records ?

その後The CharadeをIngela & Mikael Matssonと共に結成し三枚のアルバム"The Best Is Yet To Come (2005)", "A Real Life Drama (2006)", "Keeping Up Appearances (2008)"をSkipping Stone Recordsからリリースしましたね。 Ingera & Mikael Matssonさんとは? ? そして何故アメリカのレーベルSkipping Stones Recordsと契約したのですか?




■Your latest band The Britannicas with Joe Algeri who is a Finnish musician on Rhythm Barrel Records sounds like more power pop. Are you influenced by power pop bands ? or what kind of bands / artists do you listen to ?

The BritannicasはRhythm Barrel Records所属フィンランドのミュージシャンJoe Algeriとの最新バンドですが、よりパワー・ポップ寄りなサウンドですね。パワー・ポップ・バンドから影響を受けていますか?どのようなバンド / アーティストを聴いていますか?

Magnus Karlsson : The first album was recorded 1989/1990 in the south of Sweden in a small place called Klippan, which used to be a punkrock-center in the late 70s and 80s. We flew down slept in the studio in sleeping bags. The second album was recorded in Stockholm, May 1993. I remember there was a heat wave that same week. The summer peaked in early May. I used to live nearby the studio so I could walk there. The third one was recorded in Stockholm as well. We had a big budget. Money came from Polydor Japan and a major Swedish company. We could enjoy many weeks of recording and mixing. It felt pretty relaxing. So it was the complete opposite to the first album. We could also bring in guest musicians, arrangers and vocalists.

ファースト・アルバムは南スゥエーデンの小さな町で70年代終わりから80年代にパンクロックの中心地となったKlippanで1989 / 1990年にレコーディングした。スタジオで寝袋に寝ながら滞在したよ。セカンド・アルバムはストックホルムで1993年の五月にレコーディングした。同じ週に熱波があったことを思い出すよ。夏が五月初めに来ていたんだ。スタジオの近くに住んでいたので、そこへ歩いて行っていたよ。サードも同じくストックホルムで録音した。収入を得たよ。日本のポリドールやスゥエーデンのメジャー・カンパニーからお金をもらって。何週間もミキシングやレコーディングをエンジョイすることが出来た。ホントに快適に感じたよ。なのでファーストとは全く正反対だったよ、ゲスト・ミュージシャン、アレンジャー、ボーカリストも迎えることが出来た。





Magnus Karlsson : Happydeadmen sort of disbanded quietly in 2001/2002. No hard feelings, just fed up. We realized that we could never compete with the new generation  Swedish indie-scene. Things had changed a lot since the late '80s. People would only remember us for the ealy stuff anyway. I learned the art of homerecording. In 2004 I met up with Mikael from Red Sleeping Beauty at a party where I was DJ:ing. After a cople of drinks we formed a band. I thought it was just drunk talk, but he came back to me with a demo. I wrote the lyrics to his backgrounds and contributed with my own songs that I had written since the demise  of happydeadmen. Mikael's wife Ingela (The Shermans) took on the vocals and we recorded an album. Through friends of friends we came across Skipping Stones Records in New England. They released the first album, The Best Is Yet To Come in 2005. It became pretty successful in the small world cause it sold out. We were offered tours and festivals in Europe, but we had kids to take care of. The next album was the best one in my opinion. The third one was ok, but we had shelved The Charade project by then. The goal was to release three albums.

Happydeadmenは2001 / 2002年に消滅した。悲しくも無く、ただうんざりだった。スゥエーデンのインディ・シーンで新しい世代と競うことは無かった。80年代の終わり以降、多くの物事が変わった。人々は僕達のことを初期のバンドとして思い出すだけだった。僕はホーム・レコーディングを学び、2004年に僕がDJしたパーティーでRed Sleeping BeautyのMikaelと出会った。何度か飲みに行ってからバンドを結成した。酔っぱらって話しただけだったと思ったんだけど、彼はデモを持って僕の所へ来てくれた。僕が彼の楽曲の歌詞を書いて、Happydeadmenが終わって以来書き溜めていた僕自身の曲を提供した。Mikaelの妻Ingela (The Shermans)がボーカルでアルバムをレコーディングした。友達の友達を通してニュー・イングランドのSkipping Stones Recordsを知り彼らはアルバム"The Best Is Yet To Come"を2005年にリリースした。小さなシーンの中でヒットしソールド・アウトとなった。ヨーロッパでのツアーやフェスティバルの依頼があったけど、僕達には面倒を観なければいけない子供が居たので。次のアルバムは僕の中でベストなものだった。サードもOKだったけど、その時にThe Charadeプロジェクトは終わった。ゴールは三枚のアルバムをリリースすることだった。





Magnus Karlsson : The Britannicas was for the project of the other guys, I jumped on after a while and we finished an album in 2010. USA, Australia and Sweden recording together was pretty cool. I still haven't met the bass player Herb in real life. We recorded another album High Tea on three continents, which I'm very proud of.

The Britannicasは別の人達のプロジェクトで、飛行機に乗って行き2010年にアルバムを作り終えた。アメリカ、オーストラリア、スゥエーデンで一緒にレコーディングしたことは本当にクールだった。僕はまだベース・プレイヤーのHerbと会ったことが無いんだ。僕が誇りに思っている別のアルバム"High Tea"もレコーディングしたんだよ。




Anorak Crumble : When did you start to listen to indie pop music ?

いつ頃からインディ・ポップを聴き始めましたか?

Magnus Karlsson : Indie pop has been a part of my life since the '80s. I remember receiving a mixtape in 1987 that changed my life. I had listened to the Smiths since 1984 by then. I pretty much enjoy that type of music still but in addition a lot more. I listen to new music and old music. I'm always curious. Power pop is just one of many styles I enjoy.

80年代以来インディ・ポップは僕の人生の一部です。1987年に僕の人生を変えたミックス・テープを貰ったことを思い出すよ。1984年の当時からThe Smithsを聴いていた。このタイプの音楽を聴くのが凄く楽しくて今もだけど、それに加えて更に聴いている、新しい音楽と古い音楽を。いつも興味がある。パワー・ポップは僕が楽しんでいる沢山の音楽スタイルの中の一つに過ぎない。

Anorak Crumble :  You experienced the gig as Happydeadmen in the 90's in Japan. Are you going to play gigs near future ?

Happydeadmenとして90年代に日本でギグを行いましたね。今後はギグの予定ありますか?

Magnus Karlsson : Gigs in the future. Happydeadmen was never really a live band, but we gradually became better and tighter. By the time we were really good it was time to say goodbye. As I said we will be remembered for the early stuff. With my latest band Small Imperfections we aim to become a true live act. We are experienced muscians and love playing live. We include Charade-songs in our set list and will release one soon.

近い将来ギグを。Happydeadmenは本当にライブ・バンドでは無かったけど、僕達は徐々に良くなり結束したよ。とても良くなったけど、さよならを言う時となった。僕が言ったように、昔のバンドとして思い出されるだけとなってしまったから。僕の最新バンドSmall Imperfectionsは真のライブ・アクトを目指している。熟練したミュージシャン達でライブでプレイするのが好きなんだ。The Charadeの曲もセット・リストに入れていて、リリースする予定だよ。


Anorak Crumble : Please have a message for fans of you !

ファンへメッセージをお願いします!

Magnus Karlsson : To old and new fans. Thanks for keeping the flame burning. My new band https://soundcloud.com/smallimperfections

昔のそして新しいファンへ。熱心になってくれてありがとう。僕の新しいバンドは :

https://soundcloud.com/smallimperfections


Aucun commentaire:

Publier un commentaire