dimanche 15 novembre 2020

Tears For Fears - Pale Shelter, Everybody Wants to Rule The World and Sawing The Seeds of Love

English pop rock band formed in Bath England in 1981 by Roland Orzabal and Curt Smith. The band's debut album "The Hurting  (1983)" reached number one on the UK Album Chart and the second album "Songs from The Big Chair (1985)" reached number one on the US Billboard 100, contained two number one singles "Shout" and "Everybody Wants to Rule The World". Their third album "The Seeds of Love" was released in 1987 and they split in 1991. Orzabal retained the Tears for Fears name as a solo project. 

イングランドはバースで1981年にRoland OrzabalとCurt Smithによって結成されたイギリスのポップ・ロック・バンド。バンドのデビュー・アルバム"The Hurting  (1983)"はUKアルバム・チャートでナンバーワンとなりセカンド・"Songs from The Big Chair (1985)"はUS ビルボード100でナンバーワンとなり、これには二枚のナンバーワン・シングル"Shout"と"Everybody Wants to Rule The World"が収録されていました。彼らのサード・アルバム"The Seeds of Love"は1987年にリリースされ1991年に解散。 OrzabalはTears for Fearsをソロ・プロジェクトとして続けました。




Aucun commentaire:

Publier un commentaire